読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんなことでも同じですが、引っ越しも段取りが大切です

引っ越しのやり方は色々ではあるものの、梱包や運搬、引っ越しにまつわるすべてを業者に任せる人も増えてきたようです


でも、傷のつきやすい大型家具や、重い家電などが運ばれる時は、作業を、なるべく近くで見守りましょう。もしも、業者の人がそういう荷物を運んでいる最中に傷をつけるなどの損害が発生した場合、業者は、約款により補償を行わないといけません。
ただし、確実にその傷が引っ越しによるものなのかどうか主張しないといけないからです。

 

何か起こった時に写メなどを撮っておくのも良いでしょう。さていよいよ引っ越しの段取りを立てないと、という時には業者選びも大事です。
数が多いので困ってしまいますが、どこを利用したらいいのか正直よくわからない、ということであるなら誰もが聞けば知っているような大手業者にしておくのがまず間違いのない選択となるでしょう。

大手といえば、例えばどこかということでしたら、テレビCMなどでもおなじみのアリさんマーク引越社などです。存在感のある有名企業ですので信頼もあり、多くの利用客を相手に仕事をしてきています。
経験豊富なスタッフも大勢いるでしょうし良い引っ越しにしてくれることでしょう。。


住居を変えると、その度にどうしても不用品が出てきますが、こういったものを買い取ってくれるサービスを行なう引っ越し業者があって、ずいぶん好評のようです。家電や収納家具、ブランド物のバッグだったりゴルフの道具、椅子やテーブルなどまで色々と、バラエティ豊かな不用品が、引っ越しでは出るものです。

種類が多い場合は、不要品の買取を本格的に行う方針の引っ越し業者を利用するようにすると、査定がしっかりとしていますし、種類ごとに買取先を探す手間がかかりません。引っ越しの時、エアコンに関しては手間とお金が掛かり勝ちです
しかし、退去するのが賃貸住宅の場合なら、管理をしている大家さんか管理会社の担当者に部屋のエアコンを、設置したまま残していくことが可能かどうか問い合わせてみましょう。

管理する人の立場からすると、次の住人がすぐに使えるので音がうるさい、効きが悪い、といった不良エアコンでなければ、置いて行けることもあるわけです。エアコンをこうして残していける場合は撤去にかかる費用が丸々不要になりますから、その分、少し節約できるかもしれません。
どんなことでも同じですが、引っ越しも段取りが大切です。大きさと数が間に合うようにダンボールを用意し、日程を考えて梱包作業を進めます。日常的に使うものをのぞき、ざっと分類して詰めるようにしましょう。

 

ダンボールの外側には、中身の種類を書いた紙を貼ることで荷解きの順番を考えられます。いわゆるライフライン、電気やガス、水道の手続きは抜け落ちないように気をつけてください。

 

就職で都会に出てきて一人暮らしをはじめようという時に、新しい部屋に持っていく荷物がほとんどなくて、考えた挙句、クロネコヤマトの宅配サービスを使って引っ越しを済ませました。荷物の総量がなんとダンボール7個か8個でしたし、引っ越し業者の利用よりもかなり安くついたはずです。

寝具や生活雑貨は転居先で買おうと思っていました。

なのでこうした方法での引っ越しも、可能だったのでしょう。

 

引っ越し経験は割と多い方だと思いますが、そんな私が一つだけ、大勢の人に言いたいことがあるのです。


「引っ越し業者に壊れものを運ばせるな」ということなのですが、これは心からの警告です。忘れもしない、初めての引っ越しの時、いくつかの食器が割れてしまっていました。

はずかしながら、自作の陶器でしたから、「まさか」と思い、衝撃を受けました。とはいえ、お金にすると二束三文にもならないようなものですから、文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。


これから先の引っ越しでは、繊細な工芸品などは必ず、自分で運ぶようにしているのです。

一人の引っ越しでは、ベッドの移動は悩みの種です。
ワンルームに住むとすれば、ベッドは邪魔に感じられることがあるでしょう。

また、もとの住まいに合わせた大きさのベッドであれば、専門の業者でも新居の入り口からベッドを入れられないなどの問題も起こるものです。
そういうことを心配するより、とりあえず布団の生活をスタートしてみるのもいいかもしれません。