読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越しで大きい荷物を運ぶ際、特に気を付けたいことと言えば、なるべく大型家具の表面や、家電にダメージを与えないようにしましょう

どのような場合でも必ず引っ越しでダンボールを使うことになります。

業者さんが、無料でダンボールを提供することも結構ありますが、有料の業者もいるので注意が必要です。ダンボールが足りなければ、スーパーなどでダンボールは無料で分けてくれるものです。


ただし、サイズはばらばらです。車に乗せるとき、ダンボールは縦にも横にも積み重ねられるため、同一サイズでない場合、積み重ねるとき配慮が必要です。

引っ越しで大きい荷物を運ぶ際、特に気を付けたいことと言えば、なるべく大型家具の表面や、家電にダメージを与えないようにしましょう。


新しい住まいのために手に入れた大型家具などでしたら、ぜひ、クッションになる毛布などを家具に巻き付けたりして注意深く運びたいところです。お気に入りの新しい家具を、新居に置けるとなると嬉しいものですが、細かいキズだらけにしてしまったりすると、イヤになってしまったかもしれません。大きな家電や家具などを、引っ越しスタッフがトラックに運び入れたりするのを見ると、ふと、落下させたり、こすって傷つけたりしないか、心配して見ています。
階段から落下させて壊した、などといった風になってしまうとガッカリしますから、可能な限り、丁寧な仕事をしてくれそうな業者を選びたいと思っています。

 

引っ越し作業は、私は大体いつもスタッフと共に作業することにしています。

でも、これまでのところ、荷物をぞんざいに扱われた経験はありません。万が一、家電などの破損があったりすると、引っ越し業者から補償を受けられるので、何もかも自分でやろうとがんばるのではなくプロに丸投げした方が、もしかしたら損しないのではないか、と思うようになりました。
挨拶は引っ越しにとって欠かせません。今でもやはり、転居元と転居先の隣近所に向けてちゃんと挨拶に行くのが良いでしょう。挨拶をサボると関係が拗れてしまうことも珍しくないからです。
普通に生活しているつもりでも思いもよらない迷惑をかけていることもあるものです。

円満に解決するためにも、隣近所の住人には、可能な限り挨拶をするのがおススメです。

一人暮らしの方が引っ越しすると新居でもベッドを使うかどうか迷ってしまいます。
ワンルームに引っ越すとすると、ベッドは邪魔に感じられることがあるでしょう。まして、ドアが小さい住まいであれば、業者に依頼してもドアからベッドを入れることができないなどの問題も起こるものです。
余計な心配をしなくて済むよう、まずは布団だけにして試しに始めてみるといいかもしれません。業者に支払う引っ越し費用は、たとえ全く同じ引っ越しだったとしても時期による変動は必ずあります。
人の移動が多い年度末や長めの休暇中だと繁忙期で依頼が重なるため基本料金そのものが高くなることが多いです。事情が許すのであれば閑散期に引っ越すようにすると費用面では断然お得です。
なにしろ閑散期と繁忙期では、倍近く料金が違うこともあります。
賃貸の部屋から転居していく時には、立会いとよばれる、お部屋チェックがあるのです。大家さん、もしくは管理会社の物件担当者が来て、部屋の隅から隅までチェックしてきます。無事にこれが済みましたらやっと退去できる身となります。

 

ケースごとに多少違ってきますが、水道ガス電気など、公共料金の支払いは済ませておくのが常識ですし、部屋の鍵は、自分で作ったスペアも入れて、全て返却します。

ご自分の車がある方は、引っ越しのとき車も住所変更届が必要になりますが、そこでナンバープレートも変わるのかどうかちょっと気がかりな問題です。答えはシンプルで、変更されるかどうかは引っ越し先を管轄する陸運局によって決まります。その前の居住地と、陸運局の管轄が変わらなければナンバープレートの変更はありません。


管轄が違う地域に引っ越すのであれば、変更は強制的に行われます。